f:id:kouneikai:20151225172159j:image


こんにちは、よこはま歯科です。

今年も残すところあと6日、一年が経つのは本当に早いですね…

今年もよこはま歯科へご来院いただいた患者様のみなさま

また、このブログを見てくださったみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

よこはま歯科は新年1月4日より診療を開始いたします。

1月中にご来院いただいた方に歯磨き粉のプレゼントをご用意しております。

気になることや何かございましたらお気軽にお電話でお問い合わせください。

みなさまのご来院を心よりお待ちしております。^_^


☆*:.。.  .。.:*☆☆*:.。.  .。.:*☆☆*:.。. .。.:*☆
〒371-0804
群馬県前橋市六供町1196-1
ファーストタウン1F
よこはま歯科
TEL 027-243-2201
☆*:.。. .。.:*☆☆*:.。. .。.:*☆☆*:.。. .。.:*☆



ベース山本氏のバンド、デトロイト兄弟のライヴに行ってきた。 最近ライヴやってないな〜と思ってたらアメリカツアーに行ってたらしい。 絶対嘘ですな。 アメリカの影響を全く感じないライヴは面白かったです(笑)

<平均に惑わされない>

最近、いろいろな物の節約を心がけていました。

もちろん、食費も頑張って節約に励んでいたんです。

 

一番安いスーパーで、重くても頑張って歩いて買い物する。

余計なものは買わない。

安い食材を組み合わせて夕飯を作る。

 

そんな感じで、11月は結構節約を頑張れたのですが、家族からの大ブーイングが・・・。

 

夫は一人で3人分から4人分食べるので、大量の食材が必要になるんです。

そうすると「いいものを少しだけ」なんてことはできないんですよね。

成長期の高校生か!と突っ込みたくなりますが^^;

 

私が節約を意識していた料理では、満足できないとのこと。

夫は、基本的に出したものは文句も言わず食べてくれるのですが、とにかく量が大事。

量がたりない!とブーイングでした。

 

いろいろな雑誌やブログを見ても、夫婦2人の食費予算って多くても3万円くらいですよね。でも、我が家の場合、夫が一人で3人分から4人分食べるので、そもそも夫婦2人分の食費として考えちゃダメなんですよね。

 

夫婦2人なのに、なぜこんなに食費がかかるんだろうと、悩んでいましたが、そもそも夫婦2人として考えているのが問題だったことに、今頃気づきました・・・。

 

我が家の場合、食べることがレジャーのような側面があります。

車もないし、旅行も行かないし、光熱費は安く抑えている。お金のかかる趣味もないという感じで、夫としては一番の楽しみは「食べること」なんです。

 

そんな夫の楽しみを奪ってしまうのもよくないと思い、食費の節約はやめることにしました。食費の節約を頑張っても夫からはブーイングだし、節約を意識して頑張っても空回りなので・・・。

 

そして、食費の予算をちょっと増やすことにしました。

夫婦2人としてでなく、4人家族という感覚で考えればストレスなく、食費については考えられそうです。

 

最近、仕事が忙しくなり、毎日の買い物もちょっと負担になってきていたので、買い物はネットスーパーや宅配を使って、食費については「無駄」かどうかは突き詰めすぎずに考えていこうと思います。

買い物の悩みを解消したい!ストレスのたまらない、食材と日用品の買い物の方法を考え中。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

 

そのかわり、食費以外の日用品などはお金をかけないようにしようと思います。

もともと、夫も私も服や雑貨、本などはほとんど買わないので、食費を増やしてもあまり負担ではなさそうです。

 

世間一般からすれば、我が家の食費はかなり多いんだと思いますが、そもそも食べる量が多いから、「平均」とは違うんだということを受け入れて、他の部分で調整したいと思います^^

■自己紹介

自己紹介 - 物を減らして、すっきり暮らす!

■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

■物が少ない生活のヒント

・物が少ない暮らしで一番大切なのは健康であること

・いらないものはお金に変える

・物が増えない趣味を持つ

■関連記事

・2015年にやってよかったこと6つをピックアップ!今年は、「習慣化」で変われた気がします。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

・掃除と節約の関係。きれいな部屋は居心地のいい部屋になってお金の節約につながります。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

・いらないものを増やさないために、何にお金を使いたいのかを明確にする。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

・食費と時間の節約。胃弱な私の毎日の朝ごはん・昼ごはんを定番化。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

・物を減らして人生を変えたいなら、「知っている」だけで満足しない。私が物が少ない暮らしの参考にしている本や雑誌。 - 物を減らして、すっきり暮らす!

スポンサーリンク

 

 

先月倉橋さんのお宅にお邪魔した時、アトリエの中を覗かせてもらった!

2,3か月行かないと、作品が続々増えているのだ。まあ、いつものことだが・・・!

モノ派のようで、モノ派ではない倉橋芸術ww 刺激を受ける!

f:id:taku0128901289:20161005035658j:plain

前回は、車で行ってしまったので一緒に杯を酌み交わすことはなかったが、

また飲みたいと思う。

本人シャイだから、彼の写真載せるのきっと嫌がると思うが、いつか載せてやろう!

載っているうちは、元気な証拠なんです!でも毛が薄くなってきたな?

***ヤフーブログ「うな丼2号」の方は、10月後半から再開します。

http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151218-3.pdf

↑全文はこちらを見て欲しい

JR北海道が12月18日に発表したダイヤ改正の説明だがメディアで触れてない箇所でかなりの数があって驚いた。

全文は上を見れば書いてあるので忙しい人向けに概要をぱっぱと書く。

新千歳空港発着のスーパーカムイ(直通運転)全滅

これにより特急車両が新千歳空港に来ることがなくなった。

スーパー北斗/北斗が9→12往復に

はまなすの後継にすずらんが一本追加

はまなすは消滅し、定期急行はこれで絶滅?

小樽方面の快速減便

普通列車に格下げ

千歳線の本数を減らし代わりに6両編成を増加

特急・快速・普通・貨物が入り乱れていたから仕方ないね。

気動車路線の減便

8駅廃止

もう何度も書いているが北海道新幹線を作るくらいなら札幌新千歳専用線を作るべきであったと、手遅れにもかかわらずますますその思いが強くなってきている。ウルトラCで新幹線が札幌まで来てから新千歳まで伸ばすのはどうか。一部では「旭川まで新幹線」とか荒唐無稽な事言っているがひどすぎるポジショントークである。

Through education comes broadcast culture from one generation to another.

f:id:Eduzaurus:20160411200755j:plain

On the one hand, education is influenced by the economic and political spheres of public life, as well as the socio-cultural environment - national, regional, religious traditions (so models and forms of education are significantly different from each other: we can talk about the Russian, the American, the French education system).

f:id:Eduzaurus:20160411200812j:plain

On the other hand, education - a relatively independent subsystem of the social life, which may have an impact on all aspects of society. For example, modernization of education in the country makes it possible to further improve the quality of the labor force and, therefore, contribute to the development of the economy. Civic education contributes to the democratization of the political sphere of society, the legal - the strengthening of the legal culture. In general, quality education forms a harmonious personality in general cultural and professional plans.

f:id:Eduzaurus:20160411200808j:plain

Education is of great importance not only for society but also for the individual. In modern society, education - this is the main "social elevator", which allows talented person to rise from the bottoms of public life and to achieve a high social status.

Education - one of the most important spheres of social life, which depends on the functioning of the intellectual, cultural, moral condition of society. The result is reduced to the education of the individual, ie, his new quality, expressed and in the totality of the acquired knowledge and skills that can be used for custom services.

 

スピナーベイト(ルアー)のラバーのようなピンクで綺麗な海藻
ヒロハガラガラという海藻らしい
寿司のガリに似ている
食べれるんかな?
赤いツブツブがちょっとキモい

DSC_7549

 

 

↓↓いつもポチありがとうございます。
皆様のポチで励みになります^^

めざましテレビ KARA 解散 ニコル 脱退について 20131009 - YouTube:

1990年10月25日大阪城ホール、第二次UWF時代の伝説の名勝負と言えば「前田日明 VS 船木誠勝」の一戦メラメラその後UWFは分裂崩壊ドンッ二人が再び対戦することは叶わなかったダウンが・・・

今年の大晦日、24年の歳月を経て、その二人がディファ有明のリング上で対面する!!

二人の男の脳には、あの一戦の記憶はどう刻まれているのだろうかはてなマーク

その後の格闘技人生に何か影響を遺したのだろうかはてなマーク

そして、前田は、船木は、
今、何想うはてなマーク

大晦日、ディファ有明に集結した、真の格闘技ファンだけが、そんな二人が対面する貴重な瞬間時計を目の当たりにすることができるのだ目

{8D38C536-6D0A-476D-866E-F04ACE7102C7:01}


2016年5月29日
【評価:4.6/5.0】
 
【一言】
感動的なメイキング。
素晴らしき前日譚。
後から観るからこそ価値のある"あとがき"。
 
『夢と魔法だけでは作れない映画がある―。』
 
ウォルト・ディズニーの約束
(原題:Saving Mr. Banks)

 

目次

  • 【STORY】
  •  
  • 【詳細】
  • 【感想】

 

 
 

【STORY】

メリー・ポピンズを生み出したパメラ・トラヴァース夫人と、それを映画化したウォルト・ディズニー。

 彼らの伝記映画。
 
 

 

【詳細】

監督:ジョン・リー・ハンコック
制作:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
上映時間:125分
日本公開:2014年3月21日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

 
 
 
 

【感想】


 映画「メリー・ポピンズ」(以下:メリポ)を観たら絶対に観なくてはいけない映画。いや、本当に素晴らしかったです!

 
 当たり前ですが、随所にメリポを散りばめているのが嬉しかった!
 
 ミュージカル映画なので、歌を考えるシーンとか好きです!
 
 エマ・トンプソン演じるトラヴァース夫人も、トム・ハンクスのウォルトも良かった!でも一番はあの運転手が好き!!
 
 本当に感動的で良い映画でした!こりぁ、原作も読まないといけないぞ…。

 
 

 作品自体は知っていたんですが、「メリー・ポピンズ」が未観だったのでチェックリストに入れたままになっていたんです。でも、先日メリポを観て、今作を鑑賞!
 
 本当に素晴らしかったです!あちこちに散りばめられたメリポが嬉しかった!
 
 冒頭を始めとしてバックで流れるメリー・ポピンズの歌や、回転木馬に乗ったり。
 
 中でも「メリー・ポピンズ」がミュージカル映画という事で歌を作るシーンが本当に良かったです!というのもそのまんまなんですよ。メリポの映画に出てきた歌が出てくるってこれほど嬉しいことはない!しかもその歌詞をどうやって考え出したのかが分かるのがポイント!

 "スプーン一杯の砂糖"って文句や、銀行での歌など背景がわかるとそれだけ愛着も湧くし、聴き方が変わります。
 
 これは考えられてなんでしょうけれども、トラヴァース夫人が最初に「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」の歌を聞いた時に言った言葉がメリポの映画でバンクス氏や銀行家が言った言葉と同じ!『なんだ?そのスーパーカ・・・スーパー……』って言う!

 
 
 

 メリポを生み出したトラヴァース夫人、気難しい人だということは知っていましたが、ここまでとは…。
 かなり堅くて、気難しい女性。でもそれがどうしてかっていう過去もしっかりと描いていたのが良かったです。かなり厳しい過去ですね…。
 
 最初から拒み、非難し、拒否するっていうかなりの厳しい性格の彼女。でもだからこそ最後に同意して笑顔まで見せるシーンが本当に綺麗に写ってました!
 過去といえば、本作ウォルトの子供の頃の話がされるんですが、彼も結構壮絶な子供時代を過ごしたんですね……。「私は人生を愛している」ってセリフの重みが出てきました。
 でも、自分が一番の好きだったのはあの運転手ラルフ。夫人にいつも話しかけて、質問ばかりして、詩的な言葉をかけて、送り迎えといつも夫人に寄り添っている。「ここから見る景色が好きなんです」っていうラルフのセリフに夫人が返したシーンはジワッと…。あ、あとプレミアの時に迎えに来たのも良かった!「友達が必要としているような気がしたので」って紳士すぎる!





 結構笑えるシーンも多かったですね!
 
 部屋に飾ってあったディズニーのぬいぐるみを「アヒルと犬は引っ込んでいて!」と押し入れに押し込めたり、上に書いた呪文のシーンだったり。ウォルトがディズニーランドに連れ行った時「本人と行けるなんてなかなかないぞ」って言ったのも面白かった!プレミアで泣いている理由とか(笑)

 
 

 とにかく素晴らしいメイキングでした!
 アニメーションと実写シーンの融合の訳とか、バンクス氏やメリー・ポピンズの人物像とかがどうやって決められたのか。歌の生まれ方などなど。
 原作を読まなくてはいけませんね!