言い訳をするという悪癖をやめるには、責任を取る態度が必要となる。

 言い訳を見つけたり、自分のしたこと、しなかったことを正当化したりすることにエネルギーを注ぐ代わりに、過去から学び、よりよい未来をつくりだすことが大切である。

 仕方がないとあきらめたり、何かが起こってくれるのをまったりするのでなく、動いて変化を起こしていく。

 やって、失敗すれば納得できる。